【無添加育毛剤専科】乾燥肌・敏感肌に安全で効果ある育毛剤を検証

敏感肌の人が安全に育毛するために、無添加で効果の高い育毛剤の選び方や、口コミ評価の高い無添加育毛剤を検証しているブログです。

薄毛悪化の要因

薄毛になりたくないならハンバーガーを食べ過ぎない【マックは危険?】

なんだか無性にマクドナルドのハンバーガーが食べたくなることが、たまにありませんか?

私の場合、1ヶ月に1回ほど急にマックのダブルチーズバーガーが食べたくなります。また、そのほかにもケンタッキーのフライドチキンや、松屋のカレギュウも急に食べたくなるんですね。

実は上記のよななコッテリとしたファーストフードの物を急激に食べたくなるというのは、薄毛にとっては危険な症状らしいです。実は最近、生活習慣病に勉強していて、それを知ることができましたので、本日はそのことをご紹介したいと思います。

ハンバーガーや牛丼、カツ丼のような油っこい食事が大好きな方は、知っておいて欲しい内容ですのでチェックしてみてくださいね。

ハンバーガー好きは内臓脂肪が過剰になりがち

先ほど書いたハンバーガーやフライドチキンのようなメニューには大量の脂質が含まれています。もし、サイドメニューにポテトをつけた場合に、それこそ油と脂肪だらけの食事です。

ではなぜ、そのような物を頻繁に摂取することが髪によくないと言うと、脂質の豊富なメニューは内臓脂肪の増加につながるからです。

内臓脂肪が増えると、体内の活性酸素が増加することになります。そして、増加した活性酸素は血管を傷つける作用があるんですね。

つまり、脂質の多いを食事を摂取することは、血行の悪化につながることになります。血行が悪くなるというのは、育毛にとっては最悪の条件です。当サイトでは、タバコは薄毛の原因となるからすぐにやめるべきと伝えきましたが、その理由はニコチンが血管を収縮させて血流を悪化させるからです。

血行を改善することは育毛につながり、血流の悪化は薄毛につながることになりますので、血行の悪化を誘発する原因となるハンバーガーを食べるようなことはできるだけ控えるようにするべきです。

とは言え、どうしても食べたくなるときもあるかと思います。そのようなときには、ハンバーガーを食べた次の食事の量は抑えるようにしてください。あるいは食べすぎた固形の食事はとらずに、酵素ドリンクや低速ジューサーを使って作ったフレッシュジュースを食事の代わりにするのもお勧めです。

私は食べ過ぎたときには、嫁さんがたまたま飲んでいた酵素ドリンクを拝借して腸内環境活性化に取り組んでいます。酵素ドリンクは女性が飲むものと考えていらっしゃる方も多いかもしれませんが、内臓脂肪は髪の毛にとっては害悪です。

ですので、酵素ドリンクのような栄養価が高く、腹持ちの良いアイテムというのは、育毛のためにも有益だと私は思います。キレイになりたい女性だけでなく、薄毛を解消したい男性にとってもダイエットはとても重要です。

-薄毛悪化の要因

無添加育毛剤の選び方コンテンツ

1
敏感肌でも使える無添加育毛剤の効果と選び方

当サイトでは肌・頭皮への刺激を極力減らした無添加育毛剤に注目し検証をしています。 ...

2
薄毛のレベルを6段階で進行度チェック【毛髪はどの状態?】

あなたは薄毛が一気に進行するものだと考えていませんか? 実は、ヘアサイクルに周期 ...

3
イクオス育毛剤は無添加ながら効果が高い!おすすめする理由

無添加育毛剤としては最高の61種の育毛成分が配合され、92%の利用者がその効果に ...