【無添加育毛剤専科】乾燥肌・敏感肌に安全で効果ある育毛剤を検証

敏感肌の人が安全に育毛するために、無添加で効果の高い育毛剤の選び方や、口コミ評価の高い無添加育毛剤を検証しているブログです。

無添加育毛剤の考え方

医薬品の育毛薬と無添加育毛剤にはどんな違いがあるのか

髪の毛が薄くなると、とりあえず育毛剤を使ってみますが、どんな育毛剤自分に合うのかよく分からずに、幾つかのメーカー品を試してから考える人もいます。

また、初めから病院に行って、自分の薄毛の状態を見てもらい、最も自分に合った育毛剤を医師に処方してもらうこともできます。

育毛剤の中には医薬品と医薬部外品との2種類があり、それぞれに効果や副作用にも違いがあるので、薄毛の治療のために育毛剤を使う前には自分で成分と使い方についてよく確認しておく必要があります。

医薬品の育毛薬の特徴について

医薬品は医療機関を受診して、医師に処方してもらい買うことができますが、一部の海外の薬はインターネットでも購入できるそうです。

しかし、インターネットでは偽物も出回っているため、よく注意して買う必要があります。

また、医薬品の育毛薬は厚生労働省によって、効果が認められているので、使い続けるならば確実に効果が現れます。

医薬品の育毛薬に含まれているのはミノキシジルで、この成分を使った育毛剤はドラックストアーでも買うことができます。

しかし、医薬品の育毛薬は効き目が早いため副作用のリスクも高く、血圧の低下や心拍数の増加などを引き起こす可能性もあるので、使う時には注意が必要です。

医薬部外品は人体に与える影響が医薬品よりも少ない

医薬部外品である無添加育毛剤は、薬事法で決められた成分が含まれていますが、医薬品と比べると人体への副作用が緩やかなので、主に疾病の改善や予防のために使われます。

副作用が無いので、安心して毎日使うことが出来ますが、その分効果がでるのにも時間がかかるので、ゆっくり気長に使い続ける必要があるでしょう。

かし、すぐに薄毛を改善するために、効果が強い育毛剤を使うと副作用で別の問題が起きて、頭皮にダメージを与えることになりかねません。

成分が強いので、短期間の効果はあっても、頭皮が弱って、長期的に見ると薄毛が進行してしまうこともあるため、育毛剤を選ぶときには注意が必要です。

-無添加育毛剤の考え方

無添加育毛剤の選び方コンテンツ

1
敏感肌でも使える無添加育毛剤の効果と選び方

当サイトでは肌・頭皮への刺激を極力減らした無添加育毛剤に注目し検証をしています。 ...

2
薄毛のレベルを6段階で進行度チェック【毛髪はどの状態?】

あなたは薄毛が一気に進行するものだと考えていませんか? 実は、ヘアサイクルに周期 ...

3
イクオス育毛剤は無添加ながら効果が高い!おすすめする理由

無添加育毛剤としては最高の61種の育毛成分が配合され、92%の利用者がその効果に ...